映像利用について

映像利用の流れ
なでしこリーグ
利用方法
二次利用規定
「映像の一次利用について」にて定められた以外の映像利用に関しては、全て「映像の二次利用規程」に定められた条文に従うものとします。

2.1 放送利用

放送局制作番組が「プロパティ映像」を用いる際の使用許諾料は、以下の通りとします。尚、「放送局制作番組」とは、放送事業者がその発意と責任のもとに作成・発注し、テレビ放送に使用する目的で制作される番組をいいます。

2.1.1 番組カテゴリ

2.1.1.1 ニュース/スポーツニュース番組
  • ・放送局制作番組のうち、ニュース性の強い内容で構成され、定期的に放送される番組。JFAが、許諾した番組のみが該当します。いわゆる「報道番組」「情報番組」は必ずしも当てはまらないので注意が必要。
  • ・原則として、1試合あたり3分以内に限った映像利用とします。
2.1.1.2 サッカー専門番組・クラブ応援番組
  • ・放送局制作番組のうち、内容がなでしこリーグ・なでしこリーグ所属クラブに特化されており、且つ定期的に放送されている番組が対象となります。
  • ・シーズン開幕前、または番組の放送開始前に一括して申請を受け付けており、なでしこリーグ及びJFAからの承認が必要です。
2.1.1.3 その他の番組
  • ・放送局制作番組のうち、上記に定める「ニュース/ スポーツニュース番組」「サッカー専門番組」「クラブ応援番組」以外の番組。
  • ・1試合あたり3分以内の使用に限ります。また使用に際して必ず事前申請が必要となります。
  • ・試合結果報道を目的とした利用については、試合終了後1週間以内に限って映像使用料を無料とします。放送内容が試合結果報道に該当するか否かは、JFAまでお問合せ下さい。
    ※結果報道以外の目的で使用する場合は、上記期間内であっても従来通り、規定の映像使用料が必要となります。

2.1.2 料金体系

「使用者」が「放送局制作番組」に当該「映像」を利用する際は、該当する分類に応じて料金を支払うこととします。料金の詳細はなでしこリーグ料金表にてご確認ください。

2.1.3 諸注意

使用条件
当該「映像」の使用条件は、原則として放送回数1 回とする。再放送を行う場合は、通常料金の3分の1の使用許諾料を別途支払うものとします。
番組宣伝への使用
  • ・「使用者」が当該「映像」を番組宣伝(予告を含む)に使用する場合は、お問合せ下さい。ただし、当該放送局に著作権がある「映像」を使用する場合はこの限りではありません。
自局収録素材の使用
  • ・ニュース利用等の目的で、自局で収録した映像を使用する場合、複数の試合であっても基本料金は「1 試合分」とします。
    ※系列局間での交換素材については、この限りではありません。
    ※複数の大会の映像を使用する場合は、大会毎に基本料金が発生します。
複数波での利用
  • ・同一番組が複数の波をまたぐ場合や番組販売の際も使用許諾料は波毎に徴収します。

2.2 通信利用

PC・インターネット、携帯電話やインターネットTV等の通信手段を介して「映像」を用いる際はお問合せ下さい。

2.3 パッケージメディア利用

  • ・「使用者」がビデオや DVD に「映像」を用いる際は、お問合せ下さい。
  • ・本規程の「パッケージメディア利用」とは、企業等が販売、宣伝、販促、教育用に製作するソフトのうち、ビデオテープ、DVD、ビデオディスク等の有形物に固定されるビデオソフトを含むものとします。

2.4 フィルム映画利用

2.4.1 料金体系

劇場映画に「映像」を用いる際は、使用許諾料を徴収致します。料金の詳細はなでしこリーグ料金表にてご確認ください。

2.4.2 諸注意

フィルム映画の定義
  • ・本規程の「フィルム映画」とは、映画館その他の場所において、公に上映する目的で製作される映画をいいます。
使用条件
  • ・使用許諾料は、「フィルム映画」を上映後、ビデオ化し、テレビ放送するまでの一括許諾料とします。
  • ・但し、インターネット上での配信については含まれないものとします。
料金適用の例外
  • ・上記料金は、「映像」の使用量が「フィルム映画」の10%以下の場合のみに適用されるものであり、10%を超える場合は、この料金体系を最低限として別途協議するものとします。

2.5 上映・再生利用

2.5.1 料金体系

 
  • ・営利目的のイベント(入場無料のイベントを含む)や、店頭や街頭、旅客サービスや顧客サービス等で映像を上映・再生する際は、使用許諾料を徴収致します。料金の詳細はなでしこリーグ料金表にてご確認ください。
  • ・「イベント上映」とは、見本市や博覧会、企業イベント、コンサート等にて上映されるものを意味します。
  • ・「店頭・街頭上映」とは、電器店やドラッグストアなどの店頭における小型モニター、並びに街頭ビジョン等を使用して上映されるものを意味します。
  • ・「旅客サービス上映」とは、電車内モニター、旅客機内モニター、観光バス内モニターなど旅客サービスを目的として上映される形態を意味します。
  • ・「顧客サービス上映」とは、ホテルや民宿などの宿泊施設、レストランなどの飲食店、カラオケボックスやゲームセンター、漫画喫茶等のエンターテイメント施設において顧客サービスの一環で上映を行うものを意味します。

2.5.2 諸注意

使用条件
  • ・本規程は、原則として1会場内の上映・再生利用とし、会場内で設置される「映像」の再生受像機台数は5台以内の場合に適用されます。
  • ・受像機台数が6台以上の場合の上映使用許諾料は、お問合せ下さい。
料金適用の例外
  • ・使用日数及び使用秒数が極端に少ない場合、あるいは、フルマッチで使用する場合はお問合せ下さい。

2.6 広告・CM 利用

  • ・「使用者」がテレビコマーシャルに「映像」を用いる際は、お問合せ下さい。
  • ・「コマーシャル」とは、媒体の種類を問わず、放送使用される広告主をスポンサーとする商業宣伝用コマーシャルのことをいい、放送事業に直接関係のない通信事業におけるCM やイベント等における告知スポットを含むものとします。

2.7 その他

2.7.1 静止画利用

2.7.1.1 テレビ利用
  • ・放送利用の使用許諾料に準じます。(詳細は「2.1 放送利用」参照)
  • ・使用尺は静止画の露出時間とします。
2.7.1.2 その他(紙媒体)
  • ・動画を静止画にして紙媒体にて使用する際の使用許諾料は、パッケージメディアにおける利用料金に準じて1秒当たりの使用とみなし、使用許諾料を徴収致します。

2.7.2 海外番組

  • ・海外に「映像」を販売する場合は、お問合せ下さい。

2.7.3 パブリックビューイング

「映像」を試合と同時に生で公衆の場にモニターを設置して上映・再生する場合の使用料は、原則として 1会場につき次の通りとします。
本規程は、事前にJFAに申請し、著作権局、並びにJFA の許諾を受けたイベントに限り適用するものとします。
「使用者」が著作権保有局である場合や、なでしこリーグ及びなでしこリーグ加盟クラブである場合など、特別の事情がある場合「使用者」と協議のうえ、本料金表に定める使用許諾料と異なる額を定めうるものとします。